So-net無料ブログ作成
ものづくり ブログトップ

バイブルとブックカバー。 [ものづくり]

私は本が好きです。比喩ではなく、図書館の中で育ったのに近い境遇だったので、

(実家が自営業で両親とも働いていたので、幼少の頃は毎日毎日、近所の図書館で

過ごしていました。)数え切れないほど色んな本に接することが出来て、幸せな

時間を過ごしていました。あの、本の中に意識だけになって落ちていく感覚は、どんな

映画を見ても味わえない快感ですね。他のメディアには替えられない素晴らしさです。

 

本好きにも色々あって、とにかく本を大切にするタイプの人もいらっしゃいますよね。

私の相方もそうで、買ってきたらまず透明のブックカバーをかけます。読み終わっても

新品同様!うっかり相方の本を汚してしまうのが怖くて、なぜか家にあるのに同じ本を

図書館で借りたりする事もありました(笑)。

 

逆に、私はある意味、本を大事にしません。気に入った本は、何十回でも読むタイプなので、

すぐボロボロになって2代目突入、なんてこともよくあるのです。

で、いつの間にか表紙の紙が破れてしまったり、毛羽立ったりして来るので、本当に好きな

本は自分でブックカバーを作ります。

 

私にとってのバイブルはこの二冊…。上の方は革で、下は浅草の祭り用品で有名なお店で

扱っている、手ぬぐいを元に作りました。

革の方は、宮沢賢治詩集です。彼の詩集は3~4冊持っていますが(それぞれに収録されて

いないお気に入りの詩が入っているので…)、この岩波版が1950年当時そのままなので

私のスタンダードにしています。写っているのは「マサニエロ」という詩です。

こちらの金魚は木綿なのですごく縫いやすかったです。(革の方は伸縮性があるので、

専用の糸と針で縫わないといけませんでした) この柄、大好き!

こちらは、ライアル・ワトソンの「シークレット・ライフ」。彼の著作は色々読みましたが、

私にとっての一番はこれです。もう何回読んだか分からないくらいですが、読み飽きません。

外で一人で過ごすチャンスがあれば、大体この本を鞄に放り込んでいました。

どこから読んでも興味深いことが満載で、「あらゆるものに命は宿る」という、古来からの

日本人の精神に合った内容だと思います(^-^)。

 

もちろん、この二冊だけではなく、好きな本はいっぱいあります。アーシュラ・K・ル・グウィン

の「ゲド戦記」シリーズもバイブルに入れていいなー…荻原規子の「空色勾玉」三部作も

素晴らしかったし、河合隼雄の著作はみんな好き、八木重吉の詩集にもハマっていたことが

あったなあ……と語らせるとキリがありません。

 

ブックカバーをかけたくなるような、皆さんの大切な一冊は何ですか?

また良かったら、コメントででも教えてくださいね(^-^)。


nice!(28)  コメント(24)  トラックバック(1) 
共通テーマ:アート

鉱石ラジオの部品たち。 [ものづくり]

こういう部品って、ホント美しいですよね。一番上はアンテナになるウレタン線、

それを順番に互い違いに巻き付けて作ったコイル、そして増幅回路基板です。

最後のは、何だか風景のミニチュアのようですね。どこか懐かしいような(笑)。


nice!(23)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

本当に鉱石ラジオ☆ [ものづくり]

ついに買っちゃいました(笑)。

ブログのタイトルを「鉱石ラジオ」としている以上、いつかは作ってみなきゃ、と思っていた

ところ、本屋さんでこの大人の科学のバックナンバーが棚に納められているのが目に付き

ました。クリスタルラジオっていうんですね、英語で。とても素敵な響きです。

以前、相方がこの付録付き雑誌でプラネタリウムを作ってくれましたが、今回は私一人で

やってみます。わくわくするんですよね~(^-^)。

プラネタリウムは…→ 「手の中のプラネタリウム」

 

今、日常生活が大忙しで(幼稚園のクラス幹事と町内の婦人会の役員がダブルで…)、

走り回っているので、自分らしい時間を求めて、コイルを巻いています。

どんな音がするのでしょう。電池もないラジオで、見えない電波を捕まえることを考えると、

楽しみで仕方がありません。

 

なぜ、このブログの名前が「鉱石ラジオ」になったかについてはこちらをご覧下さい。

→ 「鉱石ラジオ」


追記:28日23時。

先ほど出来上がりました。でも、まだ電池の無い状態では聞こえず、

電池を使った増幅器のラインにスイッチを入れると、ちゃんと聞こえました~。

ウレタン線の接触不良でないか確かめるためだったのですが、感動しました(^-^)。

例え、その内容が安田大サーカスの番組だったとしても…(笑)。

家の中では電池無しでは難しそうです。でも、春になったら屋上で、チャレンジするのも

いいかな、と思っています。しばらくはこの新しいおもちゃで遊べそうです☆


nice!(18)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

実は…。 [ものづくり]

銀細工にも手を出しています(笑)。ものを作ることは全般的に好きなので、こういうのは

楽しくて仕方がありません。ただ、時間を取られるのでなかなか余裕がありませんが…。

あんまりぴかぴかにするより、マットなまま、わざと磨き傷を残した仕上げが好きです。

下の指輪はダブルにしたら自分の指に入らなくなり(笑)、6歳の娘のものとなりました。

2号くらい上げなきゃいけなかったらしいですね(^-^;)。一度ちゃんと本を読まなくちゃ

いけないなあ、と思うのですが☆


nice!(17)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

お菓子作り三昧のバレンタイン。 [ものづくり]

昨日はバレンタインでした~。しかし、子供の病気や、その他もろもろですっかり忘れ切って

いて、primoさんのところで見たバレンタインの記事にギャッッ☆

あわわわ、どうしよう~。毎年何かしらのチョコは買っていたけど(とは言え、ほとんど食べて

いるのは子供と私でしたが…)、今年はもう外に出ることも出来ないし…というわけで、

結局、家でお菓子を作ることにしました。

 

チョコレートそのものは材料も無いし、テンパリング(温度管理)用の温度計も無いし…と

いうことで、ココアのマーブルクッキーと、相方の好きなとろけるプリンに決定。

チョコ味のプリンにしようかとも思ったのですが、いや、結局はプレーンなのが一番美味しい

よね、と普通のカスタードにしました。

 

まずは、クッキーから…。材料はマーガリン150g、砂糖80g、卵黄2個、小麦粉250g、

ベーキングパウダー少々、ココア適量、です。

我が家はバターではなく、マーガリンで作ります。その方がかえってさっぱりして、

好評なのです。普通の有塩で。大体普通のレシピより砂糖を減らすので、少し塩が

入っている方が甘みが立っていいようです。ある程度混ぜたら、卵黄を入れて…

クリーム状になるまですり合わせます。よく「泡立て器で…」と書いてありますが、私は

最初から最後までゴムべらだけでやっちゃいます。洗うの大変じゃないですか(^-^;)。

小麦粉とベーキングパウダーを網で振るって入れます。ベーキングパウダーは

本当にちょっぴりだけ。小さじの1/5くらい?たくさん入れると不思議と安物ビスケットの

味になります(笑)。この後、粉っ気がなくなるまで切り混ぜます。

半分に分けて、半分には純ココアを混ぜます。よくココア生地にする方は「その分の

小麦粉を減らして…」などと書いてありますが、そんな面倒だとやる気が失せるので、

私はそのまんま、ココアも目分量で入れています。

これを抹茶に替えると、抹茶クッキーになります。意外と子供に人気なんです。

抹茶クッキー…。みんな渋いなー(^-^;)。

で、二種類の生地をマーブルになるように切り混ぜて…。

ラップで成形、冷凍庫でしばらく寝かせます。アイスボックスで作ります。

その間にプリンを仕込みます。このレシピは簡単です。牛乳500cc、卵L4個、

砂糖100g。バニラエッセンスはお好みで。あ、カラメルソースは別で、適当な量の

上白糖にその砂糖が溶けるくらいの水を入れて火にかけ、焦げてきたら少しずつ

水を入れてのばし、先にプリン型の底に入れておきます。

まず、牛乳に砂糖を入れて軽く温めて溶かします。熱々にしたら卵を入れたとたんに

固まってしまうのでいけません。どんなに高くてもお風呂程度の温度に…。

卵も入れてかき混ぜた後、ざるで一度濾します。これでプリンの素は出来上がり!

簡単です♪そして、オーブンの回る天板にお湯を張り…

この後蒸し焼きにして完成…ですが、とろけるプリンの舌触りにするには、温度が

ものすごく重要になります。我が家のオーブンの場合は120℃で70分。低温で長時間

かけると、カスタードクリームとプリンの中間の滑らかな食感に仕上げることが出来ます。

一度、「130℃にしたら、5~60分で出来ないかなあ」と試してみたら、同じ材料で作った

とは思えない舌触りに変わってしまいました(^-^;)。

ただ、オーブンの広さなどによって、この部分は変わると思いますので、一度試してみて

ください。

プリンの後に、170℃に温度を上げて、クッキーも焼きあがりました。うちではしっかり

水分を飛ばすために、20分ほど焼いた後、130℃くらいの低温で様子を見ながら

乾燥焼きをします。

さて、残った卵白に砂糖を入れて、まかないのメレンゲを焼いて終わりだ…(我が家では

卵白が余ると、メレンゲかエビチリになります・笑)と思ったものの、ふと、「いつもコーヒー

メレンゲだけど、ココア入れたらバレンタインらしいんじゃない?」と思ったのが間違い。

電気泡立て器を使っているのに、いくらやっても泡立たない!

あ…卵白を泡立てる時、水分とか油分がついてちゃダメって言うけど、そもそもココアって

結構な油分が入ってたんじゃ…と気づき、ガーン☆

仕方がないので、全卵を一個足し、もうどうでもいいや、と目分量で小麦粉、ベーキング

パウダー、サラダ油少々を入れてエンゼル型で焼いてみたら、意外とちゃんとふわふわした

ケーキに焼き上がりました。おお、怪我の功名♪

全部出来て、ふー、やれやれでした。

でも、相方が一番喜んだのは、娘たちからもらった絵付きのお手紙でした(^-^)。

そりゃそうですよね。結局、これらはみんなで食べるんですし(笑)。

また良かったら皆さんもお菓子作り、やってみてくださいね~。楽しいですよ♪


nice!(22)  コメント(20)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

その琥珀色の… [ものづくり]

ベッコウ飴です(笑)。我が家は割とおやつにはうるさく、「ゴハンをちゃんと食べた後」に

飴一つかチョコ一粒、もしくは小さなゼリー一個、という感じです。

で、棒つき飴は遠足とか、お医者さんで注射をした後くらいにしか食べられない

スペシャルおやつ。でも、先日下の娘が「棒つき飴が食べたいなー…。食べたいなーの」と、

歌うようにつぶやいていたのを聞いて、思わず大笑い。

「そうか、分かった。そんな風に歌っちゃうくらい食べたいんだったら、作ってあげよう」と、

砂糖を溶かして煮詰めて、割り箸の先にそっと流して棒つき飴にしてあげました。

こういう目の前で出来上がって行くのを見る子供の瞳って、ホント、キラキラですね(笑)。

 

写真はオーブンペーパーからうっかり流れ出ちゃった分です。

後でがりがり剥がして食べました。(^-^)


nice!(23)  コメント(19)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

アルバムの作りかた。 [ものづくり]

昨日の深夜と今日の朝、ひたすら、幼稚園で使うアルバムを作っていました。

疲れた~。睡眠不足でもう、こうなっています…→(@_@)~*

でも、ひょっとしたらどなたかのお役に立つかもしれませんので、作り方を記事にしちゃいます☆

結構、学校や幼稚園行事って手作りが多いので、やたらと時間を取られますね。作るのは

楽しいですけど(^-^;)。

 

まず、材料。芯にするイラストボード2枚、(中身がA4サイズなら、カバーはB4で。)

ふわふわ感を出すキルティング用綿、カバーサイズ分×2枚

カバーにする布、薄手が作りやすいです。表紙をアイロンプリントにするなら、綿100%で。

あとは、見返し用の紙2枚、ハトメ6個、リング2個、端を留めるリボンなどなど…。

まず、キルティング綿をボードのサイズに切り、糊で仮止めします。スティック糊を

適当にスタンプするようにボードに付け、ぴったり合わせます。

一回り大きく切った布の上に、キルティング綿を挟むようにボードを置いて、

布を木工用ボンドで固定します。

片方を貼ったら、反対側も引っ張るようにしながら、ピンと貼ります。木工用ボンドも、

全面に塗らず、この程度で十分です。私は適当に一文字(^-^;)。

端の部分の要らないところをこんな感じで切り取ります。

そして、こんな形に折ります。スティック糊で仮留めしてます。

それをこんな感じで、また引っ張りながら貼ります。反対側も同じく。

裏面の完成です。

表面も同じようにします。私はアイロンプリントで表紙を作りましたが、

刺繍とかでも大丈夫ですよ♪

表も出来ました。

見返しを貼ります。私はスプレー糊を使っています。広く飛び散るので、新聞紙を

大きく広げた上に見返し用の紙を置いて、スプレーしました。

大体出来上がりました。次は穴開けです。

目打ちで表から裏に抜けるように大きく穴を開け、その周りを掃除します。

余分な布やくりぬかれたボードのくずなどを取り除いておかないと、ハトメが

上手く咬めません。

裏からハトメをはめて、盛り上がってしまった縁を綺麗にペンチの先などで

押し込んで行きます。その後、ペンチで少しずつ花を開かせるようにハトメを開き、

金づちで叩いて平らにします。(もちろん、ボードの縁から穴まで届くのならば、ハトメ用

ペンチを使えます。リングサイズや、中身の量によって、穴の位置は変わりますから…)

外側ほぼ完成。次は中身です。

上質紙を束ねて、穴を開けるところに鉛筆でしるしを付けて、穴を開けて行きます。

すべての紙の穴がぴったり重なるようにするのに神経を使います~(^-^;)。

穴が開いたら、補強用シールを貼ります。裏も、表も。

中身も完成。リングを閉じます。

端っこの穴にリボンを通して結べば完成です♪

これは、以前ワンピースを作った時のヒモが残っていたのでそれを流用しましたが、

共布でも、市販のリボンでも何でも構いません。私も、後で共布のヒモを作り直そうかな…。

 

自分で写真集、プレゼント用のアルバムなども作れますよ♪

良かったら、作ってみてくださいね~(^-^)。


nice!(23)  コメント(37)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート
ものづくり ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。